ジェルネイル 自宅

ジェルネイルは自宅でもOK

ジェルネイルはネイルサロンで施術してもらうと数千円〜1万円以上かかるため、
コストの面からも頻繁にはできないなあと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

ジェルネイルは道具があってやり方が分かれば自宅でも行うことが出来ます。

 

ネイリストは高いスキルとデザイン性を持っているので美しく仕上げてくれますが、
自分でも練習して真似ればそれなりにキレイなネイルに仕上げることも可能です。

 

自宅でジェルネイルを行うには次のような手順で行いましょう。

 

1.爪の表面を削る

 

爪の表面をつめやすりを使って優しく削ります。
削った爪のカスや表面の汚れはクリーナーを使って十分に取り除きます。

 

2.ジェルネイルを塗る

 

ジェルネイルのジェルを爪の表面に塗ります。
まずはジェルネイルを好きな厚みに塗ってコーティングします。

 

爪全体を覆うように均一に塗ると、キレイにぷっくりと仕上がります。

 

ジェルが甘皮についたまま固めてしまうと、ジェルネイルがはがれやすくなってしまうので、
甘皮についていないかを確認しておきましょう。

 

3.ジェルを固める

 

ランプを使って塗ったジェルを固めます。

 

ランプにはジェルの種類によってUVランプを使うか、
LEDランプを使いますので、ジェルの種類に合わせたランプを使用しましょう。

 

種類の違うランプで固めようとしても固まりませんので、
ランプに合わせたジェルを利用します。
UVランプで3分程度、LEDランプで30秒〜1分程度で固まります。

 

4.ふき取り

 

ランプを当て終わった爪からクリーナーでふき取ります。

 

照射しても固まらなかったジェルを、最初に爪の汚れをふき取ったクリーナーでふき取ります。

 

爪をもっとぷっくりと厚みを付けたい人や、ネイルの絵柄に凝りたいならば、
2〜4の工程を繰り返して、絵柄を描いたりストーンなどを置くごとに塗り固めます。

 

ネイルアートが苦手なら、絵柄はマニキュアで作成してトップコートで仕上げることもできます。