ジェルネイル 種類

ジェルネイルの種類

ジェルネイルには大きく2種類あって、さらにいくつかの種類があり、
それぞれに特徴があります。

 

ジェルネイルだけではなく何であっても同様ですが、
間違った使用方法は予想外のダメージを引き起こしてしまいます。

 

そうした問題を避け、美しい指先を作り上げるためにも、
ジェルに対する知識をいくつかご紹介しますので、
今後ジェルネイルにトライする方はもちろんですが、
ジェルネイルに慣れている方もきちんと理解しておきましょう。

 

最近注目を集めているのは「ソークオフジェル」という種類のジェルです。

 

ソークオフジェルの長所としては、柔軟性があること、
酸素透過率が高く爪に優しいことなどです。

 

特に爪が弱い人は、ネイルで爪を保護するために利用することも可能です。

 

しかもソークオフジェルは専用のリムーバーで簡単に落とすことができるので、
自宅でのオフもしやすいのが特徴です。

 

また、アセトンで落ちますので、アセトン入りの除光液でもある程度はオフできます。

 

ただ、柔軟性が高い分、長さを出すことは難しくなります。

 

少し厚めに塗れば数ミリ程度なら長さを出すこともできますが、
長さを出すよりは爪の表面だけの装飾になると思っておいた方が良いでしょう。

 

もう一つの種類は「ハードジェル」と呼ばれるネイルです。

 

ハードジェルは最初に作られたジェルネイルのタイプですが、
ソークオフジェルと違って強度があって、より透明に仕上がります。

 

「スカルプチュア」などの長い爪はこのハードジェルで作ります。

 

ハードジェルはソークオフジェルのようにアネトンでは落ちません。

 

爪の表面を削って落とすので、サロンなどで行ってもらう必要があります。

 

それぞれのタイプに長所と短所がありますので、
用途や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。