ジェルネイル 気を付けること

ジェルネイルで気を付けること

見た目がキレイで持ちが良いと人気のジェルネイルですが、
ジェルネイルを行う上で注意すべきこともいくつかあります。

 

まず第一にオフするときに注意しましょう。

 

ジェルネイルが持ちが良いと言っても、早ければ
数日〜1週間ほどで剥がれてくる爪も出てくるのではないでしょうか。

 

その時にまだついている爪まではがそうとしたり、
外れかけた爪のジェルを無理やりはがそうとしていませんか?

 

ジェルネイルはアネトンなどの専用リムーバーや
削ったりしてオフしないときれいに取れません。

 

そうしたことをせずに無理やりはがすと、
きれいに落とせないだけでなく自爪を非常に傷めてしまいます。

 

二枚爪になることもありますから、必ず正しい方法でオフするようにしましょう。

 

ネイルは塗っているときよりもオフするときのほうが傷むので、
爪を保護するためにも最初に下処理(プレパレーション)を行っておくのがベストです。

 

下処理しておくことで剥がれるのを防げるので、
塗り直しの回数が少なくなり、結果的に爪を健やかに保つことができます。

 

また、爪を休ませることも大切です。

 

ジェルネイルの下処理(プレパレーション)では
爪の表面を軽く削ってからジェルを塗ります。

 

そのため、どうしても爪に少し傷がついてしまうのは否めません。

 

ジェルを塗ったりはがしたりを頻繁に行っていると、
爪を削る頻度も高くなるため、爪が徐々に薄くなってしまいます。

 

爪が薄くなって弱ってしまうとネイルすることも難しくなってきます。

 

少なくとも数か月に1度はネイルを塗らない時期を作って休ませたり、
オフしてから少し時間を空けてから塗るようにするなど、
爪にネイルを塗らない時期を作りましょう。

 

ネイルをしていない時期には爪に栄養を与えるようなケアを行って、
健康的な爪を取り戻すようにしてあげてくださいね。