ジェルネイル 向いている人

ジェルネイルに向いている人

ジェルネイルはとてもオシャレな人だけのアイテムだと思っている人も多いかもしれませんが、
実は爪のケアとしても使えるネイルなのです。

 

爪が弱くて割れやすい人や、水仕事が多くて爪をよく使う人などにとって、
ジェルネイルで爪をコーティングすることが爪の保護になるのです。

 

ジェルネイルは空気を通す性質を持っているので、爪にもやさしいのです。

 

また、ジェルは柔らかい素材なので自爪になじみやすく、
ジェルネイルを使って保護したり爪の補強に使ったりすることも可能です。

 

爪が薄い人や二枚爪になっている女性にとって、
ジェルネイルは救世主となるアイテムかもしれません。

 

二枚爪になってしまうと、爪の途中からはがれたような状態になってしまいます。

 

水仕事やマニキュアの除光液の使い過ぎで爪が乾燥すると起こりやすいのですが、
ジェルネイルなら1か月近く塗りっぱなしで良いため、
除光液などでオフする必要がありません。

 

しかも自爪をジェルがコーティングして保護するので、
爪が伸びてくるまでそのままでいられるのが良いですね。

 

また、男性にとってもジェルネイルの需要があります。

 

特にスポーツ選手で野球の投手などは、
爪が割れると細かい投球の調整が難しくなります。

 

また、音楽関係で言えばギタリストやベーシストも、
爪が弱いと弦を正しく弾けなくなるのでツメのケアは普段から行っているとのこと。

 

こうした人たちにとっても、ジェルネイルで爪をコーティングして保護し、
ジェルで厚みを出すことで補強することは歓迎されています。

 

ジェルネイルはオシャレな女性だけでなく、
男女問わず爪の様々な問題をクリアできるものとして、
利用者が広がってきているのです。