ジェルネイル 下処理

ジェルネイルの下処理(プレパレーション)

実はジェルネイルを長持ちさせるためには、ジェルを塗る前の下処理を
しっかりしておくことが大切だということをご存知でしたか?

 

いくつかの工程があるので、ご紹介したいと思います。

 

まずは爪を整えます。
ジェルが爪に定着しやすいように爪の表面を軽く削ります。

 

一方向だけに削るようにして、往復で削ったりしないようにしましょう。

 

軽く表面に傷をつけることが目的なので、
ごしごし削らずかるくなでる程度でOKです。

 

削りカスはしっかり取り除いておかないとジェルの定着が悪いので、
しっかりと取り除いておきましょう。

 

次に甘皮を取り除きます。

 

甘皮とは爪と皮膚の間にある薄い皮のことですが、
この甘皮が残りすぎて爪に引っ付きすぎていると後々トラブルになりやすいです。

 

本来は爪を保護する役割ですが、
処理することで爪が水分不足になる事を防げます。

 

甘皮は時間が経つと爪にひっついて伸びてきます。

 

爪が伸びるときに甘皮が邪魔するので、
爪がデコボコに変形しやすくなるのではじめから取って処理しておきましょう。

 

甘皮の処理には甘皮をカットするニッパーやリムーバーが必要です。

 

そのままで行うと皮が硬いので、クリームやリムーバーを甘皮に浸し、
お湯につけると甘皮が柔らかくなります。

 

プッシャーでカットするところまで押し上げておくと、
ニッパーで切るのも簡単になります。

 

最後に爪に残っている油や汚れを、キッチンペーパーなどに
ジェルクリーナーを含ませてふき取っていきます。

 

爪の付け根は綿棒などを利用すると手軽で便利です。

 

ジェルを塗るときと同じくらい下処理は様々ありますが、
この下処理をしっかりしておくことで、ジェルネイルが格段にキレイに仕上がりますので、
頑張って下処理してみてください。